7K12 blog

猫でも分かるアルゴリズム解説

数学の勉強 1/13

[1] ★★☆  f(x)=x^3+px+q=0 g(x)=x^2-px-q=0 について  q \not= 0 かつ  f(\alpha)=g(\alpha)=0 かつ  g(x) が重解を持つとき p, q の値
[2] ★★☆  1+\frac{1}{2}+...+\frac{1}{n} \geq \frac{2n}{n+1}数学的帰納法で証明せよ
[3] ★★★  z=\cos\theta+i\sin\theta について  \frac{1}{z+1} の実部


少し応用的な知識が必要なので知らない人は知らない
「共通解を持つ」と「重解を持つ」で未知数  \alpha, p, q と数式3個なので連立で解ける


左辺にk+1番目の項を追加した数式(大)右辺にk+1番目の項を追加した数式(中) 最終目的の数式(小) となる
n=k から(大)と(中)は成り立つので(中)と(小)の差を取ることで証明する


r=1 のとき  \frac{1}{z}=\overline{z}
一般的な複素数の場合は  \frac{1}{z}=\frac{1}{r}\{\cos(-\theta)+i\sin(-\theta)\}