7K12 blog

猫でも分かるアルゴリズム解説

数学の勉強 1/14

[1] ★★☆  x,y, \in \mathbb{R}, \ x^2+4xy+3y^2+4x+5y-4=0 について x の最大値
[2] ★★☆  a_1=1, \ a_{n+1}=\frac{3a_n-1}{4a_n-1} のとき一般項  a_n
[3] ★★★  0<\theta<\frac{\pi}{2}, \ z=\frac{1-\sin\theta-i\cos\theta}{1-\sin\theta+i\cos\theta} のとき  |z^{-4}| \arg{z^{-4}}


y について降べきの順にすると判別式が x の範囲になる


n=1,2,3,... から一般項を推測して k+1 のときも成立するという方針


そのまま極形式にすると  \frac{r_1(\cos\alpha+i\sin\alpha)}{r_2(\cos\beta+i\sin\beta)} で分数が消えなくて厳しい
有理化のような操作をすることで  (1-\sin\theta)^2 \cos^2\theta が出てきて  (1-\sin\theta) が共通因数になり分数が消えたりする