7K12B blog

猫でも分かる何か

文房具に興味がなかったので1万円の鉛筆を買った

最近、クルトガダイブという1万円の鉛筆を買いました。

この鉛筆、本来の定価は5000円なんですが、限定生産品みたいな扱いになっていてプレミア価格で最安値でも1万円です。鉛筆1本1万円!?高すぎ!!!!!って思うかもしれませんが、文房具に興味ない人にこそオススメしたい1本です。実際、自分は文房具に興味がなくて鉛筆の書き味ってイヤホンより区別がつかないと感じているのですが買いました。

そんな自分が何故1万円の鉛筆を買ったかというと「怠惰」な性格だからです。芯が短くなってノックしたり筆圧が高くて芯が折れたり芯が丸くなって持ち替えたりするのって面倒だと思いませんか?自分は面倒だと思います。このクルトガダイブなんと驚くべきことに「自動芯出し機構」「自動回転機構」でノックする必要がないです。えー初めて知ったとき自分の中の常識が変わりました。ノックせずに芯がなくなるまで書ける鉛筆とか誰が思いついたんですかね。天才だと思います。

ちなみに書き味ですが、自動芯出し機構ゆえに微粒子レベルの浮き沈みがあり一般的な鉛筆より書き心地が悪いと言われています。が、そもそも怠惰な人しかノック不要の魅力には興味がないと思うので心配いらないと思います。自分は怠惰なので気になりませんでした。

なお、似たような鉛筆でオレンズATという商品もあります。オレンズATは「自動芯出し機構」でなく「芯を出さない機構」で似たような機能を実現しています。自分も最初はオレンズATを買えばノックする必要ないし芯も折れない!!!!!と思って買ったんですが壊れました。オレンズは壊れやすいのでオススメしないです。